2016年 10月 の投稿一覧

新築に建替える場合は、長持ちする家が大切です。

全国的に、まだまだ家としての機能が弱い家が多く残っています。耐震性や耐火性などの構造的な部分や、断熱性や気密性などの機能的部分などです。最近の新築住宅や、様々なハウスメーカーなどが提案しているモデルハウスなどを見ますと、デザイン性よりも家としての基礎的な物を重視した家に注目が集まっています。
古い家も、機能的な部分を新しく加えるリフォームなども可能ですが、現実として大きな金額が必要になり、それなら新しく建替えを選ぶ人が多くなっています。
新築の住宅を建替えを手掛ける人には、三重県で注文住宅、信頼の長期保証を考えるなら、出来るだけ多くのハウスメーカーの造っているモデルハウスなどの新しい技術や工法などを理解することが大切です。実際に、業者によって金額や工期から仕上がり具合なども随分と差が出ますので、やはり業者選びが大切なポイントです。
それぞれのハウスメーカーの特徴や重要視している部分と自分の考えが合っていて、長持ちのする家づくりの経験豊富な業者なら間違いないです。

新築住宅を建てる費用

これから三重県で新築住宅を建てようと考えている方は、「地盤改良費」という費用が存在することを頭に入れておいた方がよいでしょう。「地盤改良費」とは、地質調査によって判明した軟弱な地盤を、住宅の重みに耐えられる強固なものへと改良する工事に掛かる費用のことです。地質の状態や改良が必要な深さにより、工事の種類や改良方法が異なります。また、それによって掛かる費用も大きく変わってきてしまいます。それほど深い部分の改良が必要でなく、強度に少し問題がある程度の場合、軟弱層の地層を取り除き、代りに砕石や砂利などを投入,てん圧したりして改良します。

しかし、非常に深い層の地層が軟弱な場合には、軟弱層の部分まで掘り起こすことは難しいので、別の方法を用いての改良工事を行います。その工事には、特殊なスクリュードリルで地下深くの強固な地層に辿り着くまで穴を掘り、その穴に鉄鋼でできた菅や杭などを打ち込んで、その鋼菅や杭で住宅を支えるという方法をとります。この方法での改良工事が必要となった場合、とても高額な費用が掛かりますので、そのような事態に備えて、この費用を考えた予算組みを行わなければならないのです。

住宅を購入する際には地盤にも注意すること

日本は地震大国であり、地震により災害が発生して家が壊れたり、人が住めなくなる状態まで破壊されることも少なくありません。そこでこれから新築で家を建てる方は地震で崩壊しない住宅を選ぶ必要があります。近年では地震で家が揺れても、その揺れを吸収する構造の住宅が登場しています。検証実験も行われており、何千回地震が起こっても倒れないことが証明されている住宅もあります。しかし、もう1つ注意することは地盤です。どれだけ家が丈夫でも地盤が弱いと家は倒れる可能性があります。そこで、土地を購入して家を建てる方は、まずその購入予定の土地が以前どのような場所だったのか調べる必要があります。なぜなら見た目は住宅を建てるために整備されている土地でも昔は違ったかもれしないからです。近所の方やその土地周辺に昔から住んでいる方に話を聞いたり、不動産屋の担当の方に問い合わせすることもおすすめです。その後、調査した結果地盤が強いことが判明すれば正式に購入手続きへ進むとよいでしょう。

新築の住宅を手掛ける時には、多くの情報収集が大切です。

新築の住宅を手がける時には、業者任せにならないように、自分で様々な情報収集を行う事が重要です。最寄りの住宅展示場のモデルハウスなどを出来るだけ多く見て、最近の家づくりの傾向や技術などを参考にすることが大切です。家づくりの進め方の第一歩はこれから始まります。少し前までなら、家は古くなったら取り壊して、新しく建て直す考えが主流でしたが、最近はリフォームやリノベーションを行って、少しでも長く住み続ける考え方に変わっています。そのために改めて、家の構造や機能などの充実に関心が集まっています。家づくりの進め方でもうひとつ大切なのが、業者選びです。業者によって、金額や仕上がりの質から工期までが大きく変わってきます。多くの施工実績のある業者は、様々な特徴やノウハウを持っています。デザインなども大切ですが、やはり安心して快適に住める家づくりなどが行える業者を、時間をかけても見つけて欲しいです。新築住宅を手掛けることは、一生のうち一度はあるかないかの、とても大切な事です。

新築住宅には、断熱性の高さは重要なポイントです。

住宅展示場などの新しい家づくりなどの提案には、快適に過ごせるような家の機能面の充実が目につきます。もともと家は、古くなったら取り壊してから新しく建て替える考え方でしたが、最近はリフォームなどを行って長く住み続ける事を重視する考え方が、広まっています。併せて国も、耐震性やバリアフリーなどのリフォームには、減税措置を制度化して奨励しています。銀行なども、ローン審査の基準を個人の収入だけでなく、担保価値としての家の構造面での価値で判断するところも増えています。長く住み続ける為には、基礎的な構造のレベルアップはとても大きな部分ですから、新築の住宅を手掛ける際にも特に意識されています。中でも断熱性の高い家は、大手の工務店やハウスメーカーなどが研究を重ねて、オリジナル工法や技術を使って提案しており、気密性の高い家は部屋の温度を逃がさずに、燃料費を抑えることが可能です。これによって省エネにもつながり、さらには環境にも優しい家になりますし、住む人たちも、断熱性の高い家で快適に過ごすことが可能になります。これから新築住宅を手がける人には、長期的な視野に立っての家づくりを目指してほしいです。

耐震性の高い家は、住居としての価値が高いです。

住宅展示場などでモデルハウスを見ますと、少し前までは外観や魅力的で使いやすい間取りや内装が注目されていましたが、最近は家としてのさまざまな機能を最新の技術を駆使して充実させている家がクローズアップされています。耐震性や耐火性の高い家であったり、バリアフリーから太陽光発電などが揃っている家は、担保価値も高いです。中でも多くの工務店やハウスメーカーが競い合うように、高めている機能が耐震性です。耐力壁に筋かいなどを入れたり、金物で柱を補強する方法だけではなく、柱の位置を均等にしたり、1階に大きな部屋を作らない事などが技術や知識として知れれるようになってきており、新築の住宅などに取り入れられています。家は一度建てますと、最低でも20年以上は住み続ける可能性が高く、新築住宅を手掛ける機会は生涯に1度あるかないかの大切な事です。外観や内装も度外視は出来ませんが、快適に長く住むためには耐震性などの機能や構造面を充実させることは、大きなポイントです。

夏は涼しく冬は温かい断熱の北欧住宅

近年、北欧住宅が人気を集めています。これは北欧・スウェーデンの様式を取り入れた住宅のことで、特に断熱性に優れていることが特徴です。高温多湿を背景に発達してきた従来の日本家屋は、風通しのよさに重点が置かれてきました。そのため夏は快適なのですが、冬はどうしても寒さを防ぎきれないのです。そしてその「風通しのよさ」という長所ゆえに、エアコンの効きがよくないという欠点を備えています。冬の暖房はもちろん夏の冷房についても、エアコンの機能を十分に発揮しきれないのです。つまり、エアコンの出現によってスウェーデン様式の「夏の暑さ」は弱点ではなくなりました。それどころか夏でもエアコンの冷気を逃さない、つまり「涼しい家」なのです。館内や賃貸での普及はまだまだといったところですが、新築における北欧住宅の需要は増え続けています。それどころか北欧住宅に住むために新築を決意するというケースも、今や決して少なくはないのです。こうした傾向は、今後ますます進むことでしょう。

新築の住宅で平屋住宅を選ぶ際のメリットと建築の費用について

平屋住宅には階段がないため、家の中における動線がコンパクトになります。このため足の不自由なお年寄りなどが家の中で移動をしやすいというメリットがあります。また階段のある住宅の場合には、小さな赤ちゃんや幼児のいると階段での怪我の心配がありますが、平屋住宅ではその心配がありません。また掃除機をもって一階と二階を上り下りする必要がないため、掃除の手間が減るというメリットもあります。住宅のメンテナンスを考えたときにも平屋住宅のメリットがあります。二階建ての家の外壁の修理などには二階建ての高さまで足場を組まなくてはなりませんが平屋の場合には足場も最低限のものですみます。平屋住宅を新築する際には、同じ面積の二階建ての住宅に比べると建築費が大きくなります。その理由としては基礎工事が必要な面積が広くなること、屋根の面積が増えることなどがあります。こういったことを念頭において土地選び、予算の計画を立てる必要があります。

新築の二世帯住宅の考え方

部世帯住宅という言葉を耳にしますが、これは共有する部分の割合によって生活習慣が異なっています。キッチンやお風呂や洗面所などの空間を共有するという同居型というものがありますが、このほかに完全に別々にするという完全分離型もあります一部の設備だけを共有するというような一部共有型もあります。したがってこの中から自分たちの生活にあったものを選ぶようにします。その中で基本的にキッチンを共有することでトラブルが発生しやすいと考えられています。完全分離型の生活は生活リズムの違いを実感しにくいものとなっていますが、水回りの設備が多くなるので建築費用が高くなる傾向があります。同じ床面積で考えたときに、一世帯用住宅と比べると金額が約1.5倍となっています。新築の二世帯住宅を考えたときに、共有する部分が多くなればそれだけコストは低くなると考えておきます。玄関が一緒で階がわかれている所は便利ですが、親世代が高齢になったりなくなったときに人に貸すことが難しくなります。賃貸を考えているときには玄関を分けておくようにします。

新築の二世帯住宅の選び方

親世代と子供世帯が一つの建物の中で生活をするというのが二世帯住宅となっています。しかしここでしっかりとポイントを押さえておかなければトラブルが発生するという可能性もあります。

二世帯住宅を建てたと言うことに満足できないまま住宅ローンを払い続けなければいけないというようなこともあります。三重の二世帯住宅にはいくつかのメリットがあります。それは子育てに関するサポートを受けることができるという点です。

共働き世帯が多くなっているという中で、子供の世話をしてもらえるというのは非常に大きなこととなります。親が持っている土地を利用することで土地代が発生せず、光熱費や税金の負担も単独で生活をしている人のことを考えると負担が少なくなります。経済的な負担が少ないというのは非常に大きなことです。しかし二世帯住宅の計画をするときから、生活をしっかりとイメージし、過干渉を避けてお互いの生活習慣や文化を尊重するという考え方が大切になります。