二世帯住宅と間取り

二世帯同居のために一戸建てを新築するときに意識しておきたいのが、二世帯住宅は三世代同居になる場合がある点です。親世帯と子供夫婦世帯の二世代同居ですが、祖父母、子供、孫の三世代同居になります。
注文住宅で新築するときに、子供部屋の仕様も設計ポイントになります。子供部屋として設計し、子供が独立したときに収納部屋として応用できるようにするのが代表例ですが、子供部屋と祖父母の部屋を柔軟につなげたり区切ったりできる仕様にしておけるのもポイントです。家族が健康で暮らせる住まいは、高齢者世代の両親が長生きできる住まいです。祖父母が元気で暮らしている中で、孫が成長し、受験による進学や就職で一人暮らしを始める時期と重なります。小さな部屋を多く設計するのも良いのですが、大きな一部屋を設計して間仕切りで空間をデザインできるようにしおくと、将来的な間取りの変更だけではなく、子供の成長に対応した柔軟な間仕切りにも対応できるようになります。
注文住宅は柱と梁で強健な住まいを実現しますので、どこを増減させたいのか壁と間仕切りを柔軟に取り扱えるように維持管理できます。壁は工事が必要ですが、壁材の内部に筋交いを施工できるので、壁を施工するときに住まいの耐震性は格段に向上します。耐震性能に関係なく間仕切りを増減させたいときは、家具を利用した間仕切りも選択肢に入れておくと良いでしょう。家具を利用した間仕切りとは、市販の家具を間仕切りとして応用するのではなく、家具として機能する壁のように施工するスタイルです。床から天井まで届くように設計しますが、押して力を加えれば移動できるように施工します。滑り止めとして家具転倒防止ジェルを活用すると、押しても動かなくなります。簡易式ですが、しっかりとした壁のように機能します。床から天井まで届く施工なので、家具でありながらも転倒する心配がありません。地震の発生時でも安心です。二世帯住宅は部屋の利用方法で意見が分かれがちですが、個室として設計するのではなく、大きなひとつの部屋を有効活用して間仕切りできるようにすると、年度や季節などの短期間でもデザインを変えられます。
間仕切りを活用できるのは、注文住宅で柱と梁の構造体を頑丈に施工しておく必要があります。壁材は住まいの強度に影響しますが、壁材に頼らずに屋根の重量を分散させられるように新築するときに設計しておくのがポイントです。新築するときから、間仕切りの変更を想定しながら話し合うと良いでしょう。

オーディオ|童話|初値予想|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|超SEO対策|貯蓄|お小遣いNET|家計見直しクラブ|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|女性向けエステ.com|アフィリエイト相互リンク|ショッピングカート