2016年 10月 の投稿一覧

工務店に依頼するメリットデメリット

注文住宅で家を設計するためには、幾つかの方法があります。ハウスメーカーのローコスト住宅を利用したり、設計事務所へ頼むなどの方法があります。そして地元の工務店に頼むのも1つの方法となります。工務店で注文住宅を依頼することには、幾つかのメリットがあります。多くの場合、あまり宣伝広告にお金をかけていないので、施工費用が安くなります。また地元で長く活動している工務店であれば、その気候風土や地盤に精通しているので、住みやすく長持ちする家を建てることができます。また設計と施工を自社で行うので、施工は設計を的確に反映したものとなります。ただしデメリットとして挙げられるのは、宣伝活動をしていないので良い工務店を探すのに苦労することです。またハウスメーカーとは異なり、施工は簡略化されているわけではないので、職人の腕に品質が左右されることになります。上手く技術を持った工務店を探すことができれば、満足度の高い家を建てることができます。

注文住宅のキモ、プランニングと土地探し

三重県の注文住宅を建てる場合は、どうしても抑えておきたいキモの部分があります。ひとつは土地探し、もう一つはプランニングです。土地探しのポイントは、街全体の環境や利便性、災害に対する安全性を総合的に判断することです。街全体の環境や利便性が悪く、災害に遭いやすい地域の場合は、個別の土地が良くても、住むのに適さない土地と言えます。個別の住宅に関してはプランニングが重要です。プランニングは住宅の間取りを表現するものですが、柱や壁の位置を決めることになり、地震の耐震性を決めてしまうことになります。プランニングにあたっては、専門の設計士に要望をもれなく伝えることが大切です。要望を全て伝えたら、プランニングは設計士に任せることがポイントです。住宅の設計は使いやすさや耐震性だけでなく、法規や予算など様々な条件をクリアすることが必要です。それらの条件をクリアしながら設計を進めていけるのは設計士に限られます。ただし、要望することと食い違いがある場合は、遠慮なく話してみる必要があります。

間取りを変更して快適にする団地リフォーム

戸建て住宅ではなく、団地にお住まいの方であれば、鉄筋コンクリート製で作られていることが多く、室内の間取りに関しては、比較的自由に設定することができます。間取りを変更するリフォームについては、住みやすいように快適に施すことができるので、ライフスタイルに合わせて初期に設定されている間取りを変えてみることも良い方法です。団地の場合では、間仕切りが設定されていて、室内空間を適切に分けた作りに仕上がっていることが多いのですが、人によっては部屋数を少なくして、広いリビングへとリフォームを行うことを希望している方、逆に狭くなっても部屋数を増やすためのリフォームを行う方法も用意されています。快適性を求めた場合では、収納スペースを多く設ける方法もあります。このようなケースでは、例えばウォークインクローゼットを設ける団地リフォームも不可能ではないので、プロの専門業者の方と十分な打ち合わせを行った上で、施工を決めることが最も良い方法です。

住宅リフォームの費用を安くする方法

生活がかわったり、生活する人数が変わったりすることにより、リフォームの必要性が出てきた場合、三重県の工務店でリフォームの費用を安くするにはどういう方法があるでしょうか。
まず、いくつか直したい場所がある場合は、一度にリフォームしたほうが手間がかからず、結果やすくなるということがあります。小さく少しずつ直すよりは、まとめてやったほうが費用の面でお得になるばかりでなく、強度や老朽化の進行に関しても有利になります。
また、規格外のものをつかったり手間のかかる工事は費用が高くなります。見積もりの際に、どの部分が費用が掛かっているかを確認して、その部分の材料を変更したりコストダウンの提案もしてもらうといいでしょう。また、工事途中での追加や変更は最も費用が跳ね上がる原因です。工事が開始されるまでに十分な話し合いと金額の見積もりを打合せしておきましょう。また、最近ではインターネットでの購入が安く手に入るため利用する業者や施主も多いのですが、品番や納品日を確認してトラブルが起きないようにしておきましょう。

設計事務所に依頼するメリットデメリット

注文住宅を設計事務所に依頼することには、幾つかのメリットとデメリットがあります。メリットとして挙げられるのは、完全に自由なオーダーメイドが可能であることです。それに加えて、イメージする家を建てるためにどんな資材を使えば良いのか、提案してくれることも助かるポイントです。経験豊富な設計事務所であれば、住み心地とデザイン性を兼ね備えた建材などを考えてくれるものです。それも予算に収まるように工夫してくれるので助かります。ただしデメリットとして挙げられるのは、施主の意向を優先するあまりに基本性能に関する予算を削られる恐れがあることです。完成した当初は希望を叶えてくれたことに対して満足度が高いものですが、住んでみると使い勝手が良くないなどの不便さを感じるようにもなります。しっかりと基本的な住み心地や住宅性能は確保してくれるところを選ぶ必要があります。またデザイン性に力を入れるようなところも避けるのが無難です。

失敗しない資金計画

注文住宅を建てる際の資金計画を失敗しないために、ローンの組み方などをよく理解する必要があります。ローンの申し込みをして融資の審査が通ったとしても、それは返済能力があるとは限らないものです。銀行はあくまでも一般的なモデルを参考にして、支払い能力の有無を判断しています。そしてライフスタイルが異なれば、同じ収入でも返済能力は異なるものです。まずは今後の生活スタイルを考えて、どの程度の支払いが可能なのかを把握することから始めるべきです。もしそのための資金が足りないようであれば、注文住宅の設計そのものを見直すことが必要です。また、あまりに長期のローンを組むのも避けた方が無難です。返済期間が長くなるほどに、不慮の事故などが発生するリスクが高まります。また、早期にローン返済を終えようと返済額を無理に引き上げるのも避けるべきです。他にも金利は変動型よりも固定型を選ぶなど細かな知識を得ておくことが必要となります。

失敗しない土地探し

新築の注文住宅を建てるうえで、土地探しは非常に重要です。どんな土地を選ぶかによって、家づくりが成功するかしないかを左右すると言っても過言ではありません。そこで、失敗しない土地探しについてご紹介します。
まずは日当たりの良さです。良い土地があっても、日当たりが悪ければ良い土地とは言えません。家族の健康や、家の寿命に左右する問題とも言えます。周りに高い建物は無いか、日中しっかりと住宅に陽が当たるのか、計算して考えてみましょう。
近隣住宅の治安の良さも大切です。周りにゴミ屋敷のような住宅は無いか、近くで事件や事故が起きやすいことは無いか、事前に調べておく必要があります。新築の注文住宅を建ててから、後々トラブルに発展することの無いように、良い場所を探しておきましょう。
他にも、家族で住むのでしたら、通学しやすい場所にあるのかどうか、騒音トラブルに発展するようなことは無いのかを調べておく必要があります。
これから長く住み続けることになるのですから、しっかりと調査しておきましょう。

注文住宅の設計について

注文住宅の設計については、住宅を建設してもらうハウスメーカーや工務店と、しっかり打ち合わせを行ったうえで行いましょう。特に注文住宅は、こちらの意見や要望を取り入れてもらえるプランとなります。もともと出来上がっている建売住宅とは違い、土地探しから順番に一からつくっていく住宅なのです。
家の形や壁の色、窓の数や大きさなども、全て一緒につくりあげていくのです。設計についての詳しいことは解らない、とお考えの方は多いでしょうが、是非この機会に一から勉強を始めて、一緒になって話し合ってみてはいかがでしょうか。
もちろん、相手は長年住宅を設計しているプロフェッショナルですから、会社側が無理だと言ったら押し通さずに、柔軟な対応をとることが重要です。プロの意見を聞きつつ、自分達が住みたい家を提案していくことをお勧めします。
自分の意見が沢山つまった注文住宅が出来上がった時は、本当に嬉しいものですし、感動もひとしおです。是非参考になさってください。

新築の土地探しについて2

注文住宅は、資金計画を立てる時に土地に重きをおくのか、建物に重きを置くのかを自分達でしっかりと決めておく必要があります。一般的な住宅建築において、建築費用には明確な制限が存在するので、土地と建物両方に自分達の希望を全て取り入れていては予算オーバーとなるのは必然であり、仮に借入限度額内で収まったとしても徐々に日々の生活に重くのしかかってしまいます。新築の土地は、全ての土地の地盤が良いとは限らず、特に水や谷、窪などの地名の地域の80%以上が軟弱地盤と言われているので、出来る事ならば購入前に地盤調査を行ったり、地域の人に土地について直接聞いておく方が良いとされています。軟弱地盤の場合には、土地の購入費用以外に地盤改良工事や杭状補強工事などが必要となるので、住宅の資金計画を圧迫する事となります。又、軟弱地盤は補強工事をしても水の出やすい地域なので、幾ら掘り出し物の土地でも新築の建築用地としては不向きです。

新築の土地探しについて1

新築の土地探しのポイントとしては、注文住宅を建設しやすい条件を探すことです。例えば斜面に面した場所などは地盤を強化する必要があるので、余計な費用が必要になります。あるいは通りから奥まった場所では、重機などが入らないために職人が苦労します。そのために工期も長くなりますし施工費用が高くなります。また変形地や狭小地の場合、ハウスメーカーのローコスト住宅が建設できない場合があります。そのような土地では、工務店を探す必要があります。またお得な分譲地としては、施工会社を指定されることで割安で購入できるところがあります。設計はある程度自由に行えるので、建材や設備を制限される以外には不便がないものです。また、宅地開拓により区分け分譲される土地の場合には、近くにショッピングモールがあったりと生活環境が整っている場合があります。このような条件を加味した上で、どんな家をどの程度の予算で建てるかなども考慮して選ぶことが大切です。